人気女優から見つける、50代以降におすすめのヘアスタイル

50代を過ぎると、どんな髪型をすればいいのか、希望の髪型をどう伝えたらいいのか、と昔とは違う悩みが出てきます。

年齢にふさわしいヘアスタイルでありながらもやっぱり流行は取り入れたいし、いつも同じようなパーマをかけるのもつまらなくて飽きてしまうし・・・難しいところですよね!

この記事では、50代の人気女優たちのヘアスタイルをご紹介します。彼女たちの髪型を参考にして、50代以降のヘアスタイルをもっと楽しいものにしましょう!

50代のヘアスタイルの参考になる人気女優

石田ゆり子

10代でデビューした石田ゆり子さん。現在50歳ですが、数々のドラマや映画で活躍されていますね。

一切年齢を感じさせないどころか、若い頃よりも今の方が美しいと感じている人が多数のため、「奇跡の50代」「こんな大人の女性になりたい」と多くの女性から支持を集めています。

彼女のヘアスタイルで参考になるものは、やはりショートボブですね。

ショートボブ+軽い無造作パーマ

こちらのヘアスタイルは50代以降の女性にとってトライしやすいのではないでしょうか。上品さも感じられる上に、ほんの少し無造作なパーマを当てることで毎日のスタイリングも楽そうです。

伸びてきたとしても扱いやすいため、ほんの少し毛先は軽くしてもらうのがいいでしょう。

こちらのヘアスタイルは先ほどのものよりももう少し短いバージョンですね。パーマも小さめですが、上品さが増します。

石田ゆり子風のヘアスタイルを真似する際は、前髪のオーダーも大切です。写真を見せて頼むと失敗されづらいでしょう。

スポンサーリンク

たった1回のシャンプーでしっかり染まる!「グローリン・ワンクロス」

ゆらぎやすい年代に!飲む大豆イソフラボン&生姜サプリ

黒木瞳

なんと今年で60代に突入する黒木瞳さん!可愛らしい風貌からか年齢を感じさせませんね。彼女のヘアスタイルも、50代以降の女性にとって非常に参考になります。早速いくつかみてみましょう。

襟足ちょい見せショートカット

こちらは、小顔効果が期待できるヘアスタイルですね。前髪をあえて作らずに耳にかけられる長さで残すことがポイントです。季節を問わず、爽やかで若々しい印象を与えます。

後ろの襟足を少し長めに残しておくことで、可愛らしさも残ります。お化粧が楽しくなりそうなヘアスタイルですね。

アシンメトリー+ショートボブ

普通のショートボブにしてしまうと顔が大きく見えてしまう・・・と悩んでいる方は、ぜひこのヘアスタイルにチャレンジしてみてください!ポイントは、左右のボリュームを少し変えること。

あなたの好きな顔の方をボリューム落とし、反対の方にボリュームがいくようにして、左右非対称にします。そうすることで小顔効果が増して、綺麗な横顔に見せることができます。

鈴木京香

こちらも驚きの、もうすぐ60代に突入しようとしている鈴木京香さん!昔とは印象が変わってきつつあるのは、ヘアスタイルの影響かな?と編集部で盛り上がっていました。彼女の参考になるヘアスタイルも見てみましょう!

スポンサーリンク

ストレート+前下がりショートボブ

襟足を残さず、前下がりになっているショートボブスタイルです。こちらは色々な方に似合いそうなヘアスタイルですね!

若い頃にこのヘアスタイルをすると、少しつまらなく感じる方もいるかもしれませんが、50代以降はこのシンプルさが成熟した魅力を引き出してくれそうです。

ストレート+綺麗目ショートボブ

このヘアスタイルは、ショートボブですがパーマがかかっていません。どうしてもショートヘアというとパーマをかけるイメージが強くなりますが、あまりかけ過ぎると逆におばさん臭い・・・と思われてしまうこともあります。

ふんわりするように髪のボリュームを残しながら、ストレートでも動きが出るようなヘアスタイルですね。そのまま伸ばすこともできて、他の髪型を楽しめるので、おすすめです!

注文の時のコツ

最後に、美容室に行ってヘアスタイルを注文する時のコツを3つご紹介します。

ヘアスタイリストの過去のカット写真を見る

美容師さんにも色々な得意不得意があります。できれば今までのカットの写真を見て、自分の好みに合うかどうか確認してから予約しましょう。

最近では、InstagramなどのSNSに個人のアカウントを作って、カットやカラーの写真を投稿している美容師さんも増えてきています。普段からSNSを使っている方は、こういう時にも役に立つでしょう。

どういうのが嫌なのか?ポイントをしっかり伝える

どういうヘアスタイルがいいのか?要望を伝えるのはもちろんですが、同時に、「これだけは絶対に嫌だ!」とあらかじめ伝えておいて相談しましょう。

「幼く見えるのが嫌だ」

「扱いづらい髪型は望んでいない」

「前髪は切りたくない」

など。望んでいるイメージと合わせて、望まないこともあらかじめ伝えておくことができると、格段に失敗が少なくなります。

スポンサーリンク

写真を用意しておく

前から見た感じ、横から見た感じ、色々なパーツごとのイメージが伝わるような写真を何枚か用意しておくと良いです。美容室にも雑誌やヘアカタログがありますが、その写真は綺麗に撮られていることが多いためリアルではありません。

普段、いいなと思ったヘアスタイルをイメージの参考として残しておくと便利です。

ヘアスタイルを変えると気分まで変わって、お化粧も楽しくなりますね!今後も、50代以降の女性に向けたヘアスタイルをご紹介していきたいと思います。

最新記事はツイッターでお知らせ!

関連記事

前の記事へ

50代から始める、おすすめのエクササイズと健康維持法

次の記事へ

家にいる夫にイライラ?夫源病知らずの熟年夫婦を目指すコツ

その他のおすすめ記事

AD

美と健康のおすすめ記事

終活・介護のおすすめ記事

AD

ファッションのおすすめ記事

ライフスタイルおすすめの記事

すべてのカテゴリを見る

おすすめ特集 終活 仕事・キャリア 旅行・ツアー フィットネス・運動 女性ホルモン ライフスタイル・暮らし インテリア 料理 リノベーション・住み替え・リフォーム 夫婦で旅行 介護 健康 ファッション お悩み解決 夫婦関係 美容 メイク ヘアスタイル 占い プロモーション