どういうアクセサリーがいい?50代ならではのおしゃれテクとファッションテク

着る服は心地よいものに、そう思って気づいたらいつも同じ服ばかりになっていた!?けど、ファッションを昔のように楽しめそうもない・・・と思ったら、ぜひアクセサリーを楽しんだおしゃれテクに切り替えはいかがでしょうか?

この記事では、50代以上のシェリー世代におすすめしたい、アクセサリーを楽しむおしゃれテクニックのご紹介です。

おしゃれテクを覚えましょう

50代というと、かなり年齢が高く感じる一方で、さらにこの先にもまだ人生が続いていくのだということを実感するでしょう。

このため、アクセサリーについても若い頃とは違うコーディネートやスタイルを身につけておく必要がありますが、その一方で自分らしさも忘れたくないものです。

そこで、50代ならではの魅力的なジュエリーの着け方、おしゃれテクをご紹介しましょう。

ボリュームジュエリーが似合うお年頃


まず、基本的にはこの年代になると、若い人向けの繊細なジュエリーよりも、ある程度ボリュームのあるジュエリーや大粒の宝石が似合うお年頃になります。

というのもボリューム感のあるジュエリーは若い人では装飾過多で過剰になってしまうのですが、この年齢ならばボリューム感のあるジュエリーが似合うようになるのです。

パールも宝石も地金もボリューム感のあるジュエリーが映えるお年頃ですので、ぜひ自分のスタイルに合うジュエリーブランドを探しましょう。

コスチュームジュエリーも素敵な装いに


もう一つ似合うのが、コスチュームジュエリーと呼ばれるものです。

これはアクセサリーなのに個性的な印象があり、ボリューム感があってデザイン性が高く、さまざまなキャラクターや動物のモチーフ、果物や果実などをかたどった宝石などがセットされています。

コスチュームジュエリーは樹脂や合金など、使っている地金や質は確かにあまり高くはありません。
ですが、大きくボリュームがあり個性的なので、年齢が高い世代の方が素敵に着こなすこともできるかもしれません。
コスチュームジュエリーについてはファッションのワンポイントとして取り入れるのがコツとなっています。


一つだけ注目度の高い個性的なジュエリーとしてコスチュームジュエリーを取り入れ、それ以外は控えめにしてバランスを取っても構いません。

繊細ジュエリーはそろそろ終わり


一方、繊細なジュエリーや細い線を組み合わせたようなジュエリーは、50代の女性には向かない傾向があります。

というのも、50代になると繊細なアクセサリーは肌のキメやしわの中に隠れてしまい、あまり主張しなくなってしまうのです。

年齢が高くなればなるほどこの傾向は強くなりますので、細身のジュエリーや繊細なジュエリーはそろそろ娘や孫などに譲る・処分するなどしたいところです。

特にフェイクジュエリーやプチプラアクセサリーなどであればなおのこと大人っぽさとはかけ離れてしまいますので、よく注意しましょう。

ただし、ボリューム感のあるジュエリーを引き立てるためやコスチュームジュエリーの添え物としての繊細ジュエリーの需要はあります。

このため、すべてを処分してしまうのではなく、重ね付けなどに良いシンプルなジュエリーは残しておくのが良いでしょう。

フォーマルアクセサリーを見直すお年頃



すでにある程度フォーマルな場所やお祝いの席、改まった席に行くことも多く、すでにフォーマルなアクセサリーも揃えているところでしょう。

ですが、そのフォーマルジュエリーを見直すのにも、この時代はちょうど良い頃です。

この頃はパールネックレスが気が付いたらくすんでいることや若い頃に買ったパールネックレスがもう小粒でフォーマルの席には似合わない、ということも考えられるかもしれません。

くすんだパールはどんなに高価なものだったとしても好ましくないので、処分してしまうのが望ましいのです。

おすすめなのは、鏡の前でフォーマルな装いを想定してアクセサリーを着けてみて、自分がどういう風に見えているかを確認すること。

また、最近ではマナーも合理的にするために簡略化する傾向が見られますので、昔よりジュエリーを着ける機会も少なくなってくるかもしれません。

魅力的なフォーマルスタイルのためにも、自分の装いが現代にマッチしているかどうか確認して、自分の魅力をバージョンアップするアクセサリーを探してみてくださいね。

プチプラアクセサリーはどう扱う?


10代から30代くらいの若い世代がよく身に着けている可愛らしいチープなアクセサリーやプチプラアクセサリーの中にも、大人スタイルにマッチする魅力的なジュエリーはあります。

とはいえ、プチプラアクセサリーについては基本的に着けないほうが良いのですが、ある程度割り切っておきましょう。

コツはやはりボリューム感があるものを選ぶことです。

装飾性の高いものならば、大人スタイルにもマッチする可能性が高くなるでしょう。
また、数回使ってメッキが剥げてくるなど劣化が見られたらすぐに処分してしまいましょう。

地金の安さなどが気になる場合もあるかもしれませんので、おしゃれの場所に着けていくというよりは日常のときに使うか、割り切ってイベントのときだけ、というのが基本です。

大人になると、全体的に大ぶりのジュエリーのほうが映える傾向があります。

ただし着けすぎると華やかになりすぎてインパクトが強くなりすぎてしまいますので、引き算も注意しながら全体のコーディネートを確認しつつ、自分らしさを追求してみてくださいね!

アクセサリーはこだわって洋服は賢く!?

アクセサリーにはお金をかけ、気品さを感じさせるアイテムを使うことで、50代以上の女性としてより一層素敵なファッションを楽しむことができますよね。

しかし、洋服はどんどん流行も変わっていくし、なかなか自分の好きな服が見つからない・・・という方も多いのです。特に、若い頃ならコロコロと洋服を買い替えても良かったけれど、正直そんな体力がない・・・という方もいます。

そこでシェリー世代にオススメしたいのは、アクセサリーやアイテムは良いものにこだわって、お洋服は賢く楽しむ♪というスタイルです。

ネックレスや時計、靴やバッグなど、手元足元はあなたらしさが光るとっておきのアイテムを揃えて、洋服はその季節や流行を楽しめるように、お洋服をレンタルすることもできるんです!

大人の女性のための洋服レンタル【洋服レンタル・ブリスタ】

編集部の友人も実は使っているらしく、自分の本当に残したいお洋服だけに整理できて、クローゼットが綺麗になったとか♪

お片付けにもなって、毎月の楽しみも増えて、一石二鳥かもしれませんね!

最新記事はツイッターでお知らせ!

関連記事

前の記事へ

今シニア層がマラソンに熱い!楽しく走って心身ともに健やかに。【自粛期間にできる運動】

次の記事へ

50代こそ毎日の習慣がこれからの健康の決め手?あなたのルーティンを決めよう

その他のおすすめ記事

AD

美と健康のおすすめ記事

終活・介護のおすすめ記事

AD

ファッションのおすすめ記事

ライフスタイルおすすめの記事

すべてのカテゴリを見る

おすすめ特集 終活 仕事・キャリア 旅行・ツアー フィットネス・運動 女性ホルモン ライフスタイル・暮らし インテリア 料理 リノベーション・住み替え・リフォーム 夫婦で旅行 介護 健康 ファッション お悩み解決 夫婦関係 美容 メイク ヘアスタイル 占い プロモーション