50代からの脳トレ特集|衰えさせない生活習慣で物忘れも怖くない!

50代以上になると段々気になり出すことの一つに、物忘れがあります。

買い物に来たけれど、何か買い忘れている気がする…。登録していたサービスの暗証番号が思い出せない…。あれ、あの人の名前なんだっけ…。
などなど、日常のちょっとしたことから大事な情報まで、ふと忘れてしまうことが気になっている方も多いのではないでしょうか。

さらに年齢を重ねると、今度は認知症も心配ですよね。

今回は、脳を活性化させて衰えを防ぐ、おすすめの「脳トレ」をご紹介します!

50代以降は脳トレで脳の衰えを防ぐ!物忘れ予防にも


皆さんご存じの通り、年齢を重ねると、体と同様に脳も老化します。

脳が衰えてしまうと、判断力が低下したり、情報処理能力が下がってしまったり、物忘れがひどくなったりしてしまったりと、これまで通り普通に生活していても困ることが出てくる場合があります。

さらに、何らかの障害で認知症になってしまうと、自分や家族のことが分からなくなってしまったり、徘徊や暴力を行ってしまうこともあります。将来周りに迷惑をかけないためにも、とにかく脳は大切にしなくてはなりません。

脳の衰えを防ぐには、体の内側から働きかける方法と、体の外側から働きかける方法があります。

スポンサーリンク

体の内側から脳の衰えを防ぐ方法


まず、体の内側から働きかけて脳の衰えを防ぐ方法をご紹介しましょう。

それは「食事」です。脳に良いと言われる食品を、日常的に、継続して摂取することが大切です。

それらの食品の中でも、特に脳に良い成分を含んでいるもののことを「ブレインフード」と呼びます。

シェリーでも以前ご紹介しましたが、大豆やチョコレート、緑黄色野菜といった意外と身近な食品でも、適切な商品を適切に摂取することで、脳の老化防止ができるのです。

食事という方法であれば、筋トレのように疲れることもないですし、そのための時間を新たに捻出する必要もありません。おいしく食べて脳のアンチエイジングができるのであれば嬉しいですよね。

「ブレインフード」の選び方や食べ方については、こちらの記事を参照してくださいね。→脳のアンチエイジング!ブレインフードおすすめランキング5選

とはいえ、どうしても食事だけで脳の衰えを防ぎきることは難しいのも事実です。「ブレインフード」で脳が衰えにくい体の土台を作りつつ、外から能動的に脳に働きかけていくことができれば、もっと効果的だと思いませんか?

スポンサーリンク

有機・低農薬野菜宅配のらでぃっしゅぼーや。素材本来の味を食卓に。

【無料で占う】初めての方も安心の誕生日占いで、今のあなたと未来のあなたを知る

体の外側から脳の衰えを防ぐ方法


体の外側から働きかけて脳の衰えを防ぐ方法が、今回皆さんにご紹介する「脳トレ」です。

脳は筋肉と同様、鍛えて老化を防いだり、能力を向上させることができます。

ここからは、脳の部位を代表して「前頭葉」と「後頭葉」に、また脳を総合的に活性化させるのにおすすめの、日常生活の中で手軽にできる脳トレ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

部位別①前頭葉:記憶、集中、思考、言語

まず鍛えるべきは、脳の司令塔、前頭葉です。

前頭葉は、記憶力や集中力、思考、言語などに関わっています。そのため、前頭葉が障害を受けると、例えIQには低下が見られなくとも、意思決定の力や寛容性、記憶力など、多くの良い特性が失われ、能力が下がることが分かっているんです。

前頭葉の能力が向上すると、記憶力や学習能力が上がり、より我慢強く理性的になれたりなどします。人間が人間らしくあるためには、優先的に鍛えるべき脳の部位と言えますね。

そんな前頭葉を鍛えるのにおすすめの、お手軽脳トレはこちら。

・イメージを思い出す

今日会った人の服装や、昨日食べた夕食など、実際に今見ているかのように思い出してみましょう。細かいところや色までしっかり思い出せましたか?

また、テーマを決めて、それに当てはまるものをなるべくたくさん目の前に思い描いてみるのもおすすめです。赤いもの、というテーマであれば、りんご、サンタクロース…などなど、写真やイラストを見ているように具体的にイメージしていきましょう。


・金額を計算する

例えば買い物の際にも、前頭葉を鍛えるチャンスが多くあります。

今合計いくらなのかをしっかり計算して記憶しながらカゴに入れていく、会計が終わったらレシートを見ながら合計額が合っているか確かめるなど、必要な買い物をしながら同時に脳を鍛えられるので一石二鳥ですね。

スポンサーリンク

前頭葉を鍛える脳トレ本としては、論理的に考えたり記憶したりできる謎解き本や、短時間で毎日続けやすい計算本がおすすめです。

「5分間リアル脱出ゲーム」は、参加型のリアル脱出ゲームのエッセンスが詰め込まれた、ちょっとした時間に謎解きが楽しめる本です。
5分で解けるとは言いますが、実際は難易度が高い問題も多く含まれているので、しっかりと前頭葉を鍛えたい方は挑戦してみてくださいね。

5分間リアル脱出ゲーム

新品価格
¥1,760から
(2020/6/16 22:25時点)

こちらの「1日3分でもの忘れ予防 毎日脳トレ!計算ドリル366日」は、小学校で習うような計算や算数の問題が1年分収録されています。
問題の難易度も決して高くないので、毎日のすき間時間に続けやすく、継続して前頭葉を刺激できるでしょう。

1日3分でもの忘れ予防 毎日脳トレ! 計算ドリル366日

新品価格
¥1,100から
(2020/6/16 22:34時点)

部位別②後頭葉:視覚、イメージ


後頭葉は、視覚やイメージの力を司ります。

物の位置関係の認識とそれに伴う目や腕の制御、また物の形や色の認識などを行っています。そのため、後頭葉が障害を受けると、物や画像を見てもそれが何かわからないとか、色がわからない、目で見た文字が読めない、目の前の物を掴めない、などの症状が起こってしまうんです。

普段、どの位置に何があるかが分かったり、さらに適切な距離感で手を伸ばしてそれを手に取ったりできているのは、後頭葉の働きのおかげなんですね。

そんな後頭葉を鍛えるのにおすすめの、お手軽脳トレはこちら。


・逆さにした本を読む、反転させた文字を読む

上下を逆にしたり、左右反転させた文字を読むことで、形を正しく認識しようと、後頭葉を活性化させることができます。

今、スマートフォンからこのサイトを見ている方であれば、そのままお手持ちのスマホを上下逆さにしてみてはいかがでしょうか?


・動いているものに描かれた図を読み取る

目の前を横切る電車や車に描かれた絵や文字を追ってみるなど、動いているものから図を読み取ろうとするのが手軽でおすすめです。

走り去る車のナンバーを暗記してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

無料で占う 誕生日占い

後頭葉を鍛える脳トレ本としては、探し絵のものがおすすめです。

「「あれ?なんだっけ」がなくなる!大人のさがし絵」は、質問の絵を探すことで脳を鍛えられ、同時に認知症を防ぐための知識も得られます。綺麗な絵もきっと楽しめるでしょう。

「あれ?なんだっけ」がなくなる! 大人のさがし絵

新品価格
¥1,540から
(2020/6/16 22:10時点)

「ウォーリーをさがせ!」は誰もが一度は見たことがありますよね。
細かく書き込まれた絵から、特定のものを探しだすことで、側頭葉を活性化できるでしょう。
こちらのコレクターズ・ボックスは、ソフトカバーのハンディサイズで、5つのタイトルが一度に楽しめます。

Newウォーリーをさがせ! コレクターズ・ボックス ([バラエティ])

新品価格
¥2,750から
(2020/6/16 22:13時点)

脳を総合的に鍛えるには


最後に、脳を総合的に鍛えるのにおすすめの、お手軽脳トレをご紹介します。


・新しいこと、普段とは違うことをする

これまでやったことがないことや慣れないことへの挑戦は、脳をフル活動させ、活性化させてくれます。

例えば、初めての場所に行ってみるでも良いですし、利き手とは反対の手で食事をしてみる、解いたことのない問題を解いてみるなど、とにかく普段はしないことに挑戦してみましょう。


・人とコミュニケーションをとる

人とコミュニケーションをとることは、ワーキングメモリーを働かせ、記憶の呼び起こしをさせ、情報を瞬時に目や耳からの入力し口や表情へ出力させる、などなど、とにかく脳を活性化する要素に満ちています。

コミュニケーションは認知症の予防にも効果的ですので、機会を作ってなるべく人と会話するようにしてみましょう。


・運動をする

体を動かすことも、脳を活性化させてくれます。特に前頭葉の一次運動野とよばれる場所は、手足の動きを司るため、運動することは前頭葉の活性化に直結するのです。

体を動かすことがトレーニングになるなんて、本当に脳をトレーニングしている!という感じがしそうですね。

スポンサーリンク

歌がどんどん上手くなる!「UTAET」ウタエット

レディースゴルフウェアレンタル ゴルクロ

いかがでしたか?

脳を鍛え始めるのに遅すぎるということはありません。老後の生活の質を上げるためにも、是非早めに脳トレを習慣づけてくださいね。

こちらの記事も読まれています


50代以降ならでは?眠れない時・眠りが浅い時の対処法とは

良好な関係に!50代以降は夫婦でできる趣味を持ちましょう

最新記事はツイッターでお知らせ!

関連記事

前の記事へ

脳のアンチエイジング!ブレインフードおすすめランキング5選

次の記事へ

更年期の不調対策にも!女性に人気のヨガってどういうもの?

その他のおすすめ記事

AD

美と健康のおすすめ記事

終活・介護のおすすめ記事

AD

ファッションのおすすめ記事

ライフスタイルおすすめの記事

すべてのカテゴリを見る

おすすめ特集 終活 仕事・キャリア 旅行・ツアー フィットネス・運動 女性ホルモン ライフスタイル・暮らし インテリア 料理 リノベーション・住み替え・リフォーム 夫婦で旅行 介護 健康 ファッション お悩み解決 夫婦関係 美容 メイク ヘアスタイル 占い プロモーション