目だけではなく肌にも!?ブルーライトの悪影響と対策方法教えます

皆さんが今見ているパソコンやスマートフォンの画面から出ている、ブルーライト。

ブルーライトは、私たちの身体に様々な悪影響を及ぼすって知っていましたか?

今回は、ブルーライトによる目や肌への悪影響と、対策方法を解説します。

肌にも悪影響あり!ブルーライトとは


ブルーライトは、私たちの目に見える可視光線で、太陽光はもちろん、スマートフォンやパソコンといった電子機器や、LED照明の光などにも含まれています。

ブルーという言葉からわかるように青色で、虹を思い浮かべていただけるとわかるように、紫の光に近い性質を持っています。

紫の光と聞いて思い浮かぶのは、そう、肌の天敵である紫外線ですよね。
ブルーライトは、紫外線の次に強いエネルギ―を持つ光なのです。

そんな光を、何の対策も無しに、毎日、長時間浴び続けたら…私たちの身体で、一体どんなことが起こるのでしょうか。

スポンサーリンク

ブルーライトは肌や目の老化を引き起こす!


ブルーライトは、目の網膜まで届いて直接吸収される光です。
そのため、網膜の黄斑にダメージを与え、加齢黄斑変性症を引き起こす原因となります。

また、目に届くまでの間にも、空気中のほこりによって散乱して、目のちらつきやブレを引き起こすため、眼精疲労の原因にもなります。

このあたりは皆さん、何となくイメージできるかもしれませんね。

ただ、それだけじゃないのがブルーライト。

ブルーライトは紫外線と同じように、肌に吸収されると活性酸素を発生させます。つまり、肌が酸化し、老化してしまうのです。

ブルーライトはUV-Aに近く、肌の深くいところにある真皮層にダメージを与えるため、しわやたるみを引き起こします。

さらに、UV-B同様、色素沈着を引き起こし、シミやくすみまで生み出してしまうのです。

日頃、どれだけ肌のアンチエイジングを行っていても、スマートフォンやパソコンを見ているだけでエイジング症状の原因が作りだされてしまうなんて、ショックですよね。

※UV-AとUV-Bについてはこちらもご覧ください。
 【50代におすすめ】本格的な夏になる前に!肌の老化防止のための、紫外線対策と日焼けケア

さらに、ブルーライトの強い光は生活リズムの乱れを作り出し、睡眠障害や、肥満、それだけに留まらず、がんやうつ病などの原因にもなると言われています。

こんなに身体や美容に悪影響のあるブルーライト、少しでも早く、確実に対策しないわけにはいきません。

ここからは、おすすめの対策方法をお伝えします。

スポンサーリンク

ブルーライトの影響への対策方法


まず、ブルーライト自体をどのように軽減すれば良いか見ていきましょう。

・ブルーライトカット眼鏡

度なしのものであれば、2000円程度から商品がありますので、気軽に購入できます。
度ありのものだと少しお値段がかかりますが、目の健康を考えたら安いものではないでしょうか。

スクエア型 PCメガネ(度なし)|Zoff PC ULTRA TYPE(ブルーライトカット率約50%)|ゾフ PC 透明レンズ パソコン用メガネ PCめがね PC眼鏡 メンズ レディース おしゃれ【54□16-143】

新品価格
¥4,400から
(2020/8/4 19:55時点)

・ブルーライトカットフィルム

パソコンやスマートフォンの液晶に使用することで、浴びるブルーライトの量を減らしてくれます。
眼鏡では目しか守ることができませんが、フィルムを使えば肌も守ることができますね!

エレコム 液晶保護フィルム ブルーライトカット 15.6インチ 反射防止 EF-FL156WBL

新品価格
¥2,066から
(2020/8/4 20:00時点)

【ブルーライトカット】【2枚セット】 Nimaso iPhone 11 / iPhone XR 用 全面保護フィルム 強化ガラス 【フルカバー】保護フィルム 【ガイド枠付き】( 6.1 インチ iPhone11 / iPhoneXR 用 フィルム )

新品価格
¥1,599から
(2020/8/4 20:02時点)

・デバイスの色温度を調整する

パソコンやスマートフォンの画面の色温度を調整し、青白い光から黄色系の光に変えるのもブルーライト対策になります。
ただし、調整を失敗して画面が見にくい状態だと、それが原因で目を悪くしてしまうことがあります。

また、画面に表示されている物の色も調整の影響を受けますので、不便な場面が出てくるかもしれません。

スポンサーリンク

実力派アイクリーム【EYEXIA】

【B.A RED】本格エイジングケアを始めたい方、必見!

次に、浴びてしまったブルーライトへの対策をご紹介します。

・ビタミンAやビオチンなどで、目の健康対策

ビタミンAは夜間の視力維持などをサポートしてくれ、ビオチンは皮膚や粘膜の健康維持をサポートしてくれます。
サプリやキャンディなどで積極的に摂取しましょう。

アサヒグループ食品 濃ーいブルーベリーGOLD 64g ×6袋

新品価格
¥1,225から
(2020/8/4 20:09時点)

・ビタミンCで、美容・酸化対策

ブルーライトは肌の酸化を引き起こしたり、真皮層の細胞にダメージを与え、コラーゲンなども破壊します。
ビタミンCは抗酸化作用があり、コラーゲンの生成サポート、がん予防などの効果も期待され、ブルーライトを浴びた身体のケアにぴったりです。

DHC ビタミンC(ハードカプセル)徳用90日分

新品価格
¥602から
(2020/8/4 20:18時点)


肌を少しでも若く保ちたい私たちの敵、ブルーライト。

ブルーライトを浴びないで生活するなんて、現代ではなかなか難しいことですよね。

今日からできる対策を行って、ブルーライトと上手に共存していきましょう。

最新記事はツイッターでお知らせ!

関連記事

前の記事へ

リビングやキッチンをスッキリきれいに見せる、収納の仕方とは?

次の記事へ

暑い夏の味方!人気の炭酸水メーカー5選【2020年度版】

その他のおすすめ記事

AD

美と健康のおすすめ記事

終活・介護のおすすめ記事

AD

ファッションのおすすめ記事

ライフスタイルおすすめの記事

すべてのカテゴリを見る

おすすめ特集 終活 仕事・キャリア 旅行・ツアー フィットネス・運動 女性ホルモン ライフスタイル・暮らし インテリア 料理 リノベーション・住み替え・リフォーム 夫婦で旅行 介護 健康 ファッション お悩み解決 夫婦関係 美容 メイク ヘアスタイル 占い プロモーション