怖い骨折の原因、更年期以降の骨粗しょう症を予防するには?

50代以降、特に60代70代と進むにつれ、骨折が身近な存在になってきます。

女性の場合、更年期がきっかけとなり、骨密度が一気に減少することが分かっています。

どのように骨粗しょう症や骨折を予防すれば良いのでしょうか。

更年期以降は骨粗しょう症予防で骨折を避けましょう


私たちは高齢になるにつれ、筋力の低下や骨密度の減少によって、骨折しやすくなるのはご存じだと思います。

高齢になってからの骨折は、最悪寝たきりのきっかけにもなってしまう、とても怖いものです。

実は、女性は身体の仕組み上、特に骨粗しょう症になりやすいのです。
それには、50歳前後の女性に訪れる、更年期が関わっています。

今回は、50代以降の女性で骨密度が減少しやすい理由と、どのように骨粗しょう症を予防し、骨折しにくい身体を作れば良いのか、お伝えします!

閉経で骨密度は減少


女性は更年期以降、骨密度が減少して骨粗しょう症になりやすく、骨折の危険が高まる。
このような話を聞いたことがある方はもちろん、実際に計測して既に骨密度が少なくなってきていると言われたことがある方も多いのではないでしょうか。

なぜ、そのようなことが起こるのかご存じですか?

女性は閉経を迎えると、女性ホルモンが一気に減少します。

エストロゲンの生成量が減ってしまうと、体内で骨を生成する働きと、骨を破壊する働きのバランスが調節できなくなり、骨を破壊する細胞が強く働くようになってしまうのです。

実は、私たちが40歳になる頃には既に、骨が作られるよりも壊されるスピードの方が速くなっています。
その状態で更年期を迎え、骨密度が一気に減少するため、更年期以降は骨粗しょう症になりやすい、骨折しやすい、と言われているんですね。

では、その体内の流れに少しでも逆らい、骨密度をキープするにはどうすれば良いのでしょうか。

骨粗しょう症の予防法を一緒に確認していきましょう。

骨粗しょう症予防法① カルシウムを摂取する

基本は、何よりもまず、カルシウムをしっかり摂ることです。

カルシウムはミネラルと言われているものの一つで、骨の材料です。

骨を作っている骨細胞の新陳代謝にはカルシウムが必須。
新陳代謝がきちんと行われることで、半年程度で新しい骨細胞が作り出されます。

カルシウムが不足した場合、骨から血液中にカルシウムが多く溶けだしてしまうため、骨がもろくなり、骨折をしやすくなります。

カルシウムは、牛乳やヨーグルト、チーズといった乳製品をはじめ、小松菜やチンゲン菜といった緑の葉の野菜、豆腐や納豆といった大豆製品などの多く含まれています。

特に大豆は、エストロゲンと似た働きをするイソフラボンを含んでいますので、カルシウムの摂取のためだけでなくとも更年期の女性にはおすすめですよ。

骨粗しょう症予防法② ビタミンDを摂り、日光浴をする


カルシウムと合わせて、ビタミンDも積極的に摂るようにしましょう。

ビタミンDは、骨の代謝を促し、カルシウムの吸収を促進してくれるビタミンです。
しいたけやきくらげといったキノコ類や、鮭、イワシ、さんま、しらす干しといった魚類に多く含まれています。

そしてビタミンDは、皮膚で合成されるのですが、その合成のスイッチは紫外線。

シミやしわなども心配ですが、骨の健康のためにも、また精神衛生上の健康のためにも、定期的に程よく日光に当たるようにしましょう。
お天気の良い日に10分くらい散歩するだけでも効果があります。

骨粗しょう症予防法③ 運動をする


適度な運動で骨を刺激することで、骨を形成している骨の細胞が活発になります。
そうすると、積極的にカルシウムが取り込まれるため、新しい骨細胞がどんどん作られるのです。

運動の方法ですが、縦方向の負荷が一番強い刺激になるので、ジャンプや走りを運動に取り入れられるのが理想です。

ただ、そういった動きが難しい方も諦める必要はありません。
重さも骨への刺激になるので、歩くだけでも、それこそ立っているだけでも、ただ寝ているよりは骨に対しての刺激になりますよ。

また、直接的に骨を丈夫にするわけではありませんが、運動を続けていると太りすぎを防止でき、筋力も維持できます。
体重が重く、筋力が低下していると、転倒などをした際の骨への負荷も大きくなりますので、骨折してしまうリスクが高まります。

生涯健康に過ごすためにも、適度な運動は日々心掛けましょう。

いかがでしたか?

骨密度は年齢とともに減少する一方ではありますが、例え更年期以降だとしても対策を始めるのに遅すぎることはありません。

骨粗しょう症を予防し、今後、骨折で辛い思いをせずに済むよう、今日から取り組みましょう。

こちらの記事も読まれています


更年期障害の緩和に効果的なお茶って何?おすすめのお茶と飲み方をご紹介!

高いエステより自宅ケア!保湿の味方、超優秀ナノスチーマーでシワやたるみが変わる

最新記事はツイッターでお知らせ!

関連記事

前の記事へ

【都内近郊】日帰りできる、関東の自然スポット5選!

次の記事へ

50代以降ならでは?眠れない時・眠りが浅い時の対処法とは

その他のおすすめ記事

AD

美と健康のおすすめ記事

終活・介護のおすすめ記事

AD

ファッションのおすすめ記事

ライフスタイルおすすめの記事

すべてのカテゴリを見る

おすすめ特集 終活 仕事・キャリア 旅行・ツアー フィットネス・運動 女性ホルモン ライフスタイル・暮らし インテリア 料理 リノベーション・住み替え・リフォーム 夫婦で旅行 介護 健康 ファッション お悩み解決 夫婦関係 美容 メイク ヘアスタイル 占い プロモーション