50代から始める、老後に備えた家作りのポイントとは

あなたは今、どんな家に住んでいますか?

50代になると、子供も独立して、いよいよこれからのシニアライフに備える時期がやってきます。お金や健康の備えはもちろん、案外見落とされがちなのが家の備えです。実際に足腰や身体を悪くしてから慌てて備え始めても大変ですよね。

今回は、老後を快適に過ごせる家の準備についてご紹介します。

老後に向けた選択肢

皆さんは、老後に備えた準備を始めていますか?

老後に向けてお金を貯めていたり、民間の医療保険や介護保険などに加入して、もしもの時の保障を用意する方もいらっしゃることでしょう。

また、子どもや孫にどのように財産を残すかを検討する方もいるかもしれません。

こうした備えももちろん重要ですが、老後にどのような住まいでどう暮らすかということも、今から考えなくてはならない重要な課題です。

自宅で過ごすのか、それとも老人ホームなどに入居するのか。自宅で過ごすとして、内装などは今のままでいいのか、バリアフリーのリフォームをすべきか。それとも、二世帯住宅に建て替えて子どもたちに面倒を見てもらうのか、高齢者福祉が整い、生活関連施設が徒歩圏にあるような暮らしやすい地域に住み替えをするのか。などなど、色々な選択肢を検討しなくてはなりません。

スポンサーリンク

老後に自宅で安心の暮らしをするには


高齢になって身体能力が低下した時や、介護が必要になった時のために、自宅を改装し、バリアフリーリフォームをするのも1つの方法です。

お風呂場などの段差を解消したり、廊下に手すりをつけて転倒防止を図ったり、介護ベッドが入れやすいように和室をフローリングに変えるなどの改装もおすすめです。

トイレは、改築して広くし、間口を広げて車イスでも利用できるようにしたり、自動開閉式・自動洗浄機能付きにして、手が思うように使えなくても簡単に用を済ませられるようにするといったリフォームもしておくと安心です。

洗面所も、高齢者世帯をはじめ、二世帯で暮らすことやお孫さんが遊びにくることも踏まえ、車イスや腰かけた状態でも使いやすい低めの洗面台にしておくと楽です。

空き部屋をおしゃれにリフォームしておいて、離れて住むお子様が介護のために一時的に帰省することや、住み込みで介護するための部屋を用意しておくといったことも考えられます。

リノベーションは建築家に相談を


介護が必要になった際に、介護を受ける方も介護をする方も使い勝手がよく安心して暮らせるための改装や、二世帯住宅への改築や建て替えなどを行うなら、建築の専門家に相談するのがおすすめです。

建築家は一からの新築の家造りはもちろん、今の家を大きく見せてくれる大規模リフォームや、新たな価値を与えて建物の再生を図るリノベーションにも精通しています。

工事そのものは工務店に依頼することになりますが、設計図どおりに工事が進められているか、逐一チェックする施工管理も任せられるのが安心です。工事の第三者チェックを建築の専門家がしてくれるので、安全性が高く高品質な住まいを実現できるでしょう。

スポンサーリンク

積水ハウスグループのシニア向け賃貸住宅

離婚後の住宅ローンのお悩み解決【離婚・住宅ローン対策センター】

建築家に依頼すると設計料や監理料が別途かかりますが、工事そのものは地元の工務店や、建築家が信頼する工務店を紹介してもらって直接契約が結べるので、余計な中間マージンは発生しません。

老後に向けてのリノベーションは、老後資金も残したいことから費用面も気になると思います。

工務店を選ぶ際に複数の業者から見積もりを取ることで、より低コストでクオリティーの高い工事を実現できます。

というのは、各工務店がバラバラに設計プランや費用を提示してくるのを比較するのとは異なり、建築家が設計したプランをもとに各工務店が見積もりを出してくるので、同じプランのもとで工事内容や見積額を比較できるからです。

建築家に依頼する際の留意点


建築家は設計の専門家なので、依頼者の希望や夢を実現するために打ち合わせをし、それを叶えるための設計を緻密に行っていきます。

最初のプランができた後も、依頼者と打ち合わせを重ねながら希望を細かく反映させて修正を行っていくので、プランが出来上がるまでに時間がかかるのが一般的です。

時間や手間を惜しまず、じっくりとプランニングをして理想のマイホームを実現したい方には向いていますが、時間が取れない、すぐに工事に入ってほしいといった方は、ハウスメーカーや工務店のモデルプランを基にカスタマイズしていくほうがいいかもしれません。

建築家に依頼する場合には、設計料のほか、工事費とは別に監理料も発生します。設計監理料は建築工事費の15%前後となるのが一般的です。費用はかかる分、理想の住まい作りが行いやすく、工事のプロセスを専門家がしっかり監理してくれるので安心できます。

なお、建築家にマイホーム作りやリフォーム、リノベーションなどを依頼する場合、工事費や設計監理料が概算額のままの段階で、建築家との業務委託契約を交わさなくてはなりません。

工務店やハウスメーカーに依頼する場合は、一般的にはプランと見積額が提示され、それに納得したうえで工事請負契約を結びます。ですが、建築家の場合はプランニングそのものが仕事であり、料金がかかるので、具体的な設計をする前に契約を締結しなくてはなりません。

設計ができた段階で工務店を選んで、工事請負契約を結ぶことになるので、その段階にならないと最終的な工事費用もわからないのがデメリットです。

スポンサーリンク

もっとも、建築家は最初に依頼者が希望した予算内におさまるよう配慮や努力、工夫もしてくれるので、想定外の大きな金額になる心配は通常ありません。

いかがでしたか?老後の住まいの準備は早く済ませておくに越したことはありません。できるところから少しづつ、備えを始めてみてくださいね。

最新記事はツイッターでお知らせ!

関連記事

前の記事へ

家にいる夫にイライラ?夫源病知らずの熟年夫婦を目指すコツ

次の記事へ

コロナで国内旅行はどうなる?ツアーがおすすめな理由とは

その他のおすすめ記事

AD

美と健康のおすすめ記事

終活・介護のおすすめ記事

AD

ファッションのおすすめ記事

ライフスタイルおすすめの記事

すべてのカテゴリを見る

おすすめ特集 終活 仕事・キャリア 旅行・ツアー フィットネス・運動 女性ホルモン ライフスタイル・暮らし インテリア 料理 リノベーション・住み替え・リフォーム 夫婦で旅行 介護 健康 ファッション お悩み解決 夫婦関係 美容 メイク ヘアスタイル 占い プロモーション