現役で働きたい・働き足りないシニアの、自分らしい働き方の見つけ方

人生100年時代と言われている昨今。まだまだ現役で働きたい!活躍したい!という方もどんどん増えています。

50代はまだしも、60代を過ぎると働くチャンスが少ないのでは?と思われがちですが、実際はどうなのでしょう。

シェリー世代のまだまだ働き盛りの女性におすすめする、自分らしい働き方の見つけ方をご紹介します!

シニアになっても現役で働きたい!


日本は高齢化や少子化が深刻な問題と言われていますが、元気なシニアが増え、長寿命化が進んでいるからこそ、定年後にどう過ごすかをしっかり考える必要があります。

長い間働いたのだから余生はのんびり過ごしたいという方がいる一方、近年は、まだまだ働きたいという方も増えてきました。

定年が65歳に延長される企業も増えていますが、60歳で定年を迎える方も65歳で定年を迎える方も、まだまだ働きたいという方は多いのではないでしょうか。

その一つの理由としては、老後が長いためです。

自分は何歳まで生きるかは、誰にもわかりません。
だからこそ、長生きしたときのことを考えるとお金が足りるかなと気になったり、老後に旅行を楽しんだり、趣味を楽しむためにも、お金はたくさんあったほうが良いと思うのではないでしょうか。

お孫さんがいれば、お孫さんにもお金がかかるものですよね。

60代、70代の方が働いてきた時代は年功序列で年齢とともに右肩上がりで収入がアップし、バブル景気などでボーナスもたっぷりともらえたものです。

ですが、今どきの子ども世代は年収が上がらない、教育費がかかるなどで親世代に頼りたいと考えているケースも少なくありません。
親としても子どもたちが困っていれば手を差し伸べたくなりますし、孫可愛さにお金を出したくなるのではないでしょうか。

つまり、今どきの60代、70代は自分たちの老後のためだけでなく、子や孫のためにも、いつまでも現役で働きたい、働き続けたいニーズもあるのです。

スポンサーリンク

状況に合った働き方を選びましょう


自分の生活のために現役時代と変わらず、毎日あくせくと働き続ける方もいます。

一方で、当座の生活費には困らない方の場合、現役時代とは少し違う働き方をしたいと考える方が多いものです。

いかにまだまだ元気とはいえ、若い頃に比べると体力が落ちる場合や長時間の労働が厳しくなるケースも少なくありません。

また、毎日忙しく働くのではなく、おこづかい稼ぎや無理のない程度に働きながら、習い事をしたり、旅行に行ったり、孫と遊びに出かけたりと、余裕のある生活をしたいと考える方も多いです。

そんな方は、週に数回だけ働く、必要なときだけ働く、要請があれば仕事に行くといった、無理のない範囲で自分らしい働き方をしましょう。

スポンサーリンク

【女性しごと応援テラス・東京しごとセンター】

スキマ時間で働くなら「シェアフル」

これまでの経験を活かす働き方も


少子化でどの業種や業界でも人手不足が深刻化する中、一つの選択肢としては定年まで働いてきた勤務先で嘱託勤務などとして働くスタイルが考えられます。

週に数回程度の出勤にすることや時短勤務などにして、習い事やゴルフなどを楽しみながら、長年勤務してきた勤務先に貢献することができます。

現在の職場では人材不足だけでなく、人材の育成にも懸念があり、若手が十分に育っていません。

ベテラン社員が定年退職することで技術やノウハウの継承がなされず、これまでのような業務品質が保てない企業も登場しています。

そんな状態を救うことができ、後進の指導に邁進するなど、長年好きでやってきた仕事や自信を持って取り組んできたことを伝えていけるのが魅力です。

長年の実績を活かし、自分らしさを活かした仕事ができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

これまでやれなかったことにチャレンジする働き方


60代、70代の方の中には定年までの仕事は家族や生活を支えるためで、本当はもっとやりたいことがあったという方もいるかもしれません。


たとえば、コーヒー好きな方が趣味で極めたコーヒーの淹れ方を武器にカフェを開きたいとか、ラーメン好きが高じて自分のラーメン店を持ちたいといったことも考えられます。
また、ご夫婦仲良くレストランを経営したり、ベーカリーでパンを焼いたり、民泊経営をするといったケースも増えています。

お子様が巣だった空き部屋を民泊に使い、国内外から訪れる若者や旅行者とコミュニケーションを図りたいと取り組んでいる方も少なくありません。

旅館や民宿経営と異なり、毎日の仕事ではないので、自分のペースで運営できるのもメリットです。観光地とか温泉街といった地域的な制約もなく、マイペースで取り組めますよね。

地域貢献や社会貢献などに役立ちたい


60代、70代の働き方として人気が高いのが、地域のシルバー人材センターに登録したり、ご自身でご近所の方や知人などに声掛けをして、お住まいの困ったことやお庭のお手入れ、DIYなどを引き受けて、ちょっとした謝礼をもらう働き方です。


自分ができることや得意なことを活かし、地域の高齢者や人手が足りない家庭、自分ではできないといったご家庭のニーズに応えられます。

毎日仕事があるわけではなく、要望があったときに働けば良いので、習い事や友達との集まり、旅行などとも上手に両立できるのも魅力です。

人の役に立つことが好き、困った人は放っておけない、お世話好きなど自分らしさを活かしながら、自分らしい働き方ができます。

スポンサーリンク

人生の後半、自分らしい働き方を諦めない!


いかがでしたか?

色々な働き方や労働スタイルがあり、それぞれの住む環境や地域などでも違っていますね。

あなたらしさやあなたの経験してきたことを活かせるような、人生後半戦の働き方を楽しく見つけるヒントが見つかりましたら幸いです。

シェリーはこれからも、そんな女性の皆様を応援していきたいと思います!

こちらの記事も読まれています


50代以上でも出来る?ココナラを使った参考になるサービスとおすすめ

50代以降の夫婦関係の悩み、どう解決する?夫婦問題におすすめのサービス

最新記事はツイッターでお知らせ!

関連記事

次の記事へ

50代・60代の心と身体の変化と必要になる健康習慣とは?

その他のおすすめ記事

AD

美と健康のおすすめ記事

終活・介護のおすすめ記事

AD

ファッションのおすすめ記事

ライフスタイルおすすめの記事

すべてのカテゴリを見る

おすすめ特集 終活 仕事・キャリア 旅行・ツアー フィットネス・運動 女性ホルモン ライフスタイル・暮らし インテリア 料理 リノベーション・住み替え・リフォーム 夫婦で旅行 介護 健康 ファッション お悩み解決 夫婦関係 美容 メイク ヘアスタイル 占い プロモーション