女性ホルモンの分泌量が変動する50代。更年期を明るく乗り越えるにはどんな工夫が必要なの?

年齢的に心も身体も”揺らぎ”やすいシェリー世代。50代を超えると女性は心も身体も今までとは大きく変わってくることもあり、戸惑いが増える方も多くいらっしゃいます。

更年期をどう楽しく乗り越えるか?女性ホルモン特集、今回はホルモンの分泌量について見ていきましょう!

閉経を迎える50代は女性ホルモンの分泌がどう変化する?

閉経を迎える年齢に個人差はありますが、50歳前半で閉経を迎えるのが一般的です。

月経は、2つの女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の働きによって毎月規則正しく起こっています。

そして、40代前半から身体では閉経に向けた準備が始まっており、徐々に女性ホルモンの分泌量が減少していきます。

エストロゲンには排卵を起こす役割があり、エストロゲンの分泌量が低下するにつれて排卵が起こりにくくなって月経周期が不安定になっていくのですが、50歳を過ぎた頃には排卵が起こらなくなるため月経が止まってしまうのです。

閉経後も女性ホルモンの分泌量は徐々に低下していきます。

女性の一生では、思春期から女性ホルモンの分泌が活発になり、20代から30代半ばで分泌量はピークになります。

40代半ばから閉経後の50代半ばまでが、女性ホルモンが急激に減少する「更年期」と呼ばれるものです。

更年期障害の起こる仕組み


更年期に起こりやすいトラブルでよく知られているのが「更年期障害」です。

女性ホルモンの影響で自律神経のバランスが乱れ、さまざまな不調が起こりやすくなるのです。

更年期に女性ホルモンの急激な変動が起こると、女性ホルモンの分泌をつかさどる脳の視床下部が、卵巣にもっとホルモンを分泌するよう指令を出そうとします。

そのとき女性ホルモンの分泌に関わる卵巣刺激ホルモンと黄体刺激ホルモンが過剰に分泌されてしまい、その影響で自律神経が混乱してバランスを乱してしまうのです。

自律神経は全身に張り巡らされていて、身体と心の動きを常にコントロールしています。

もともと自律神経は交感神経と副交感神経の2つがシーソーのようにバランスを取り合っていて、常にゆらいでいるものです。

しかし、更年期はこのバランスが大きく変動するため、心と全身のあちこちに多彩な症状が起こりやすくなるのです。

更年期障害では、動悸、倦怠感、冷え性といった身体の不調に加え、とくに理由がないのにイライラする、落ち込むといった心の不調が起こりやすくなります。

これは、自律神経のバランスが乱れることに加え、女性の情緒を安定させるエストロゲンの分泌量が急激に減少していることも原因になっています。

更年期障害といえば「ほてり」に悩む女性も多いようです。

ほてりはホットフラッシュとも呼ばれ、急に顔だけカーッとほてって顔が赤くなったり汗がふき出たりするのが特徴です。

「足腰は冷えるのに顔だけのぼせる」というケースも少なくありません。

この症状も、女性の血管を健やかに保つエストロゲンの影響で皮膚表面の血流が変化し、部分的に熱くなってしまうことが原因とされています。

更年期障害がつらい場合は受診を


更年期障害の症状や重さには個人差があり、中にはほとんど気にならない人もいれば、寝込むほど重い症状が出る人もいます。

たいていの女性は、不調が多少気になるものの、寝込むほどではなく生活に支障をきたすほどではありません。

閉経を迎えてしばらく経つと、女性ホルモンの分泌も落ち着くため、更年期障害は自然と消えていきます。

更年期には、規則正しい生活や適度な運動で自律神経のバランスを整えることを心がければ、更年期障害の症状を軽くすることは十分に可能です。

ストレスも女性ホルモンや自律神経の働きに連動しているので、ストレス解消法を作ってストレスを溜めないようにすることも大切です。

ただし、セルフケアで症状がコントロールできず、症状が重くてつらい場合は、婦人科を受診することがおすすめです。

血液検査をして女性ホルモンの分泌量が少ない場合には、ホルモン治療で女性ホルモンを補い症状を軽減させられます。

更年期障害は命に関わるような病気ではありませんが、だからといって症状がつらいのに我慢して過ごすのは家事や仕事に差し支えてしまい、もったいないですよね!

ぜひ無理せずに、一度婦人科に相談されることをおすすめします。

食べ物や飲み物でホルモンのバランスを整えよう


治療が必要になるほど症状が重くない場合は、栄養バランスの取れた食事や規則正しい生活で更年期障害を予防しましょう。

食べ物や飲み物で女性ホルモンのバランスを整えていくことも期待できます。

たとえば、栄養素の中ではビタミンEが女性ホルモンのバランスを整えることで有名です。ビタミンEは、かぼちゃ、アーモンド、卵黄に豊富に含まれています。

また、大豆に含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンをサポートする作用があるので、豆腐、納豆、豆乳などの大豆製品は積極的に食事へ取り入れることをおすすめします。

亜鉛もホルモンの分泌に関与しているので、亜鉛を多く含む牡蠣、牛肉、ごまを食べるのもよいですね。

なお、更年期障害で顔がのぼせて熱いときは、冷たい飲み物がほしくなることもあるのですが、身体が冷えるので冷たい飲み物の飲みすぎはよくありません。

東洋医学の考えでは、下半身が冷えるために気が逆流して上に上がり、熱が顔に溜まるためにのぼせるのだともいわれています。

なるべく身体は冷やさないようにし、熱いときでも常温や温かい温度の飲み物も取り入れるようにしたいですね。

こちらの記事も読まれています

食べて内側から働く!50代から取り入れたい健康・美容の味方「オメガ3」とは?

【教えて先生!】更年期総合症にはどんな食べ物や生活習慣がいいの?お悩み解決シリーズ

最新記事はツイッターでお知らせ!

関連記事

前の記事へ

敏感肌もドラッグストアでアンチエイジングできる?50代からのおすすめ化粧水ランキング!

次の記事へ

老化を防ぐ!?「ザクロ」が持つ驚きの効果とアンチエイジングにおすすめの取り入れ方

その他のおすすめ記事

AD

美と健康のおすすめ記事

終活・介護のおすすめ記事

AD

ファッションのおすすめ記事

ライフスタイルおすすめの記事

すべてのカテゴリを見る

おすすめ特集 終活 仕事・キャリア 旅行・ツアー フィットネス・運動 女性ホルモン ライフスタイル・暮らし インテリア 料理 リノベーション・住み替え・リフォーム 夫婦で旅行 介護 健康 ファッション お悩み解決 夫婦関係 美容 メイク ヘアスタイル 占い プロモーション