コロナで国内旅行はどうなる?ツアーがおすすめな理由とは

新型コロナウイルスによって、旅行を自粛しているという方も多いのではないでしょうか。実際に緊急事態宣言が解除されたからといって、海外旅行はなかなか難しそうです。

では、国内旅行はどうでしょう?行きたくても心配なことがたくさんありますよね。

この記事では、今の状況でどんな風に国内旅行を計画すればいいのか?行くときのポイントは?どんなツアーなら安心?といった疑問にお答えして、安心安全で楽しい国内旅行をする方法ついてご紹介します。

不安だけど行きたい!国内旅行はいつから?

旅行はおろか、外出さえも自粛しなければならない期間はまだ続く見込みです。そんな中、明るい未来を想像して年内の国内旅行を検討している方もいるはず。

もちろん、無理は禁物ですが、計画をしたり、予定を立てるだけなら自由です。まずは国内旅行がいつ頃からできるようになるか?その目安を見ていきましょう。

大手旅行会社は6月から順次営業再開

政府は5月25日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けている観光業や飲食業向けの需要喚起策について、7月下旬から実施する方針を固めました。

つまり、各地域の観光業や飲食店を7月下旬以降からサポートしていくということです。

ということは、国内旅行を計画するなら7月下旬や8月以降から良いと考えられます。もちろん、お盆や夏休みのシーズン真っ只中ですから、時間に余裕のある方は9月以降もお勧めします。

また、政府は国内旅行の代金の補助や飲食店で使えるクーポン券などに、計約1・7兆円の予算を確保しており、旅行・観光業界の業績の回復につなげる方針とのことです。

ここからも分かるように、国内旅行は年内いっぱい行ってはダメ!ということではなさそうですね。

9月以降とすると、国内では紅葉のシーズン。また、食欲の秋に突入しますから、全国各地で美味しいものを食べるグルメツアーなんかも良さそうですね。

スポンサーリンク

やっぱりおすすめはツアーを組むこと

旅行は自分で計画を立てて自由に行きたい!という方も多いかもしれません。しかし、今の時期はやはり、ツアーに参加することをお勧めします。

ツアーであれば、施設側も事前に多数の旅行者が訪れることが分かっていますから、消毒や感染への配慮などをしている場合が多く、また万が一何かがあったときのサポートも安心です。

場所によっては密を避けるために入場制限がかかる場合もありますが、ツアーであれば人数の枠をあらかじめ確保したうえで組まれているはずなので、余計な待ち時間が発生して時間を無駄にしてしまう可能性も低くなるでしょう。

自分たちで計画を立てる旅行は少し控え目にして、今年はツアーを楽しむことがお勧めです。

スポンサーリンク

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

【KLOOK】クルック・旅先体験の予約プラットフォーム

不安な場合は飛行機を使わない場所へ

空港は世界中の方が集まる場所です。不安な方は飛行機ではなく、新幹線やツアー会社の用意したバスに乗っていける旅行先にすると良いですね。

車で旅をするのもいいですが、このような状況では車のナンバープレートで旅行者だと分かり、地元の方に嫌がられることもあります。

ツアーであれば移動にも細心の注意を払って案内してくれるはずですから、その点においては安心ですね。

行く場所なども自分たちである程度決めることができるツアーもありますので、より安心して楽しめるはずです。

新幹線やバスは密室ですが、ツアー会社の手配したものとなれば殺菌や消毒などもマメに行うことができますから、やはり飛行機での国内旅行よりお勧めです。

旅行する際にお勧めなのが、カメラのレンタルサービスです。

最新カメラを気軽にレンタル!フォトブックも付いてくる画期的なサービス

自分たちで新しいカメラを買わなくても、レンタルして撮影し、データだけ残しておくことができます。ちょっとした国内旅行にはもってこいですね!

周りの反応はどうする?

旅行に行く、と行ったら周りが心配するのではないか?何か嫌味を言われてしまうのではないか・・・と心配になりそうですよね。

ただ、旅行に行ったとしても行かなかったとしても、感染する時はします。もちろん、しない・させないに越したことはありませんが、あまりにも気にしすぎて時間が過ぎるのをただ待つこともストレスになりますよね。

友人や知人には知らせなくとも、家族には伝えておき、マスクや手洗いうがいなど基本的な感染対策を日ごろからしっかり守っていれば、問題はないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

また、どこに行ったとしてもその旅行先が必ず何かしらの対策を取っているはずです。そういった意味では、もしかしたら近所のスーパーよりも安全かもしれませんよね。

人を招き入れる場所、例えば旅館や交通機関などの方が、一般的な場所よりも敏感になって、徹底対策していると思われます。周りの人が気にするような悪いことをしているわけではなく、経済を回していると思うことで旅行をしっかり楽しめるでしょう。

不安な場合は旅行先の受け入れ状況を確認

どうしても不安という場合は、旅行先の受け入れ状況を確認しましょう。場所によっては、警戒態勢をしっかり取っていて受け入れ態勢がない場所もあります。

しかし、そうではない場所も多くあります。特に、観光業が盛んな場所は、旅行者がいなくなることでその地域の経済も悪化し、結果的に潰れてしまうお店や事業が多発してしまうからです。

不安な場合は、ツアー会社の方に相談してみることが一番早い解決策かもしれません。

旅行好きの人にとってはストレスの多い期間。しかし、状況をよく確認しながら、できる限りの注意をしていれば国内旅行も可能です。

ぜひ今から、8月以降の国内旅行先を探してみてくださいね!

最新記事はツイッターでお知らせ!

関連記事

前の記事へ

50代から始める、老後に備えた家作りのポイントとは

次の記事へ

一生を充実させる、運動・筋トレのススメ

その他のおすすめ記事

AD

美と健康のおすすめ記事

終活・介護のおすすめ記事

AD

ファッションのおすすめ記事

ライフスタイルおすすめの記事

すべてのカテゴリを見る

おすすめ特集 終活 仕事・キャリア 旅行・ツアー フィットネス・運動 女性ホルモン ライフスタイル・暮らし インテリア 料理 リノベーション・住み替え・リフォーム 夫婦で旅行 介護 健康 ファッション お悩み解決 夫婦関係 美容 メイク ヘアスタイル 占い プロモーション