「夫と相性が合わない…」夫婦の相性を良くする方法とは

50代以降になり、夫婦だけの生活が近くなったり始まったりすると、改めて夫婦の相性が気になってくる方が多いようです。

今回は、そんな夫婦の相性を良くする方法やヒントをご紹介します。

「夫と合わない…」を改善!夫婦の相性を良くする方法


夫と性格が合わない、考え方が合わない、話し方が合わない…と、夫婦の相性が良くない、良くする方法を知りたいと思っている50代以降の女性は多いようです。

仕事や子育てに追われる40代までは、他の色々なことで気が紛れていた方でも、子育てを終えたり、定年が近づいたりすることで、夫婦の相性が改めて気になってくるのです。

今回は、そんな50代以降におすすめの、夫婦の相性を良くするための方法を3つご紹介します!

なお、相性が良くないと感じている中で見つけることは難易度が高いかもしれませんが、もし夫婦共通の趣味を見つけることができたら、一気に関係が良くなることもありますよ。

夫婦共通の趣味の見つけ方はこちら⇒良好な関係に!50代以降は夫婦でできる趣味を持ちましょう

自分と反対なところ、自分に無いところを書き出してみる


あなたと夫はそもそも他人ですから、まったく同じということはありえません。

あなたと夫とで反対だと感じる部分を、紙に書き出してみましょう。

「休日は、アウトドア⇔インドア」「問題に対しては、すぐ行動する⇔じっくり考える」「性格は、穏やか⇔神経質」「プライドは、高い⇔あまり持っていない」「話し声は、大きい⇔小さい」「朝食は、和食派⇔洋食派」「ペットは、犬派⇔猫派」…などなど。

数えきれないほどのテーマで、反対な部分が見つかると思います。

この時、ちょっと違っているという部分よりも、自分とは反対だ!と思う部分を書き出すことがポイントです。

夫とあなたとで反対な部分は、あなたにとってはそもそも自然には理解ができない部分ということです。
自分と比べながら文字にして書き出すことで、夫のことをあなたの中で整理してみれば、自然に理解ができないという状況が訪れても冷静に対処できるようになります。

さらに、人はそうそう簡単に変わるものではありませんので、私の夫はそもそもこういった性格や特性の生き物だ、と認識し直すことも大切です。

スポンサーリンク


このように、あなたの中の夫像を文字で整理して理解し直すことで、あなたが感じる夫との相性を少しずつ良くしていくことはできます。
反対の部分をたくさん見つけることは、比較的長い年月を連れ添った、50代以降だからこそできること。

お互いに無い部分を埋めあって、それぞれが異なる見方や考え方ができるからこそ、チームは強くなりますよね。
反対の部分があるからこそ、これまで様々な困難を乗り越えてこられたのです。

占いを利用して、考え方や対応を変えてみる


自分で分析するよりも、第三者の視点からの夫婦の相性を良くするヒントが欲しいという方は、占いがおすすめです。
相性占いはインターネット上にたくさんありますし、街の占い館や電話占いも利用できます。

占いの手法も様々ありますので、あなた好みの占いの手法を見つけてみるのも良いでしょう。

占いにはどんな種類があるのか知りたい方はこちら⇒初心者におすすめ!簡単な占いの種類3つ

占いをすることで、あなた自身では気付くことが出来なかった、あなた自身や夫に対する見方、お互いの性格や特徴などに気付くことができます。

あなたや夫のことを知っている人には、確かに相談はしやすいですが、どうしても先入観や偏りが出てしまうもの。
さらに、50代以降の同年代であれば、あなた自身も相談相手も、すでに物事に対する考え方が固まってしまっていたりする傾向があります。

その点、占いであれば、完全なる他者の目線であなたや夫を見ることができます。

夫婦の相性についての悩みが堂々巡りになってしまっている状態の方でも大丈夫。
あなた自身や普段からあなたの周りにいる人だけでは思い至らない、ぱっと目の前の霧が晴れるような、夫との相性に関する考え方や対応のヒントが見つかるかもしれませんよ。

シェリーおすすめの占いサイトはこちらです。

【無料で占う】初めての方も安心の誕生日占いで、今のあなたと未来のあなたを知る

【電話占い・霊感占いラフィネ】厳しい採用基準をクリアした本物の占い師が多数在籍!初回最大10分無料キャンペーン実施中!

どちらも無料で試せますので、やってみたい占いは気軽に試してみましょう。

スポンサーリンク

家庭内でのお互いの役割を交換してみる


もし夫の協力が得られるのであれば、数日間、お互いの役割を交換してみましょう。
交換できる役割には限りがありますが、交換できるものはなるべく交換してください。

もしあなたが普段、料理や洗濯をしているのであれば、数日間は夫に料理や洗濯をしてもらいましょう。

もしあなたの夫が普段、公共料金の支払いや車のガソリン入れ、屋根裏・押し入れからの荷物の出し入れをしているのであれば、それらをあなたが担当します。

なるべく、お互いにやり方などを聞かないでチャレンジしてみてください(物がどこにあるかなど、相手しか知りようがないことは遠慮なく聞いてくださいね)。

暫く役割を交換してみることで、お互いの大変な部分や、自分にはできないなと思う部分を見つけることができるでしょう。

決して、相手の方が自分よりも大変だ!と思う必要はありません。
自分も大変だけれど、相手もそれなりに大変だったんだなと再認識することで、お互いに相手を尊重する気持ちが芽生えることが理想的です。

スポンサーリンク

【1食あたり¥170ポッキリ】夕食.net(ヨシケイ)の冷凍宅配弁当♪初回限定キャンペーン中!

浮気調査専門の興信所【HAL探偵社】



いかがでしたか?

夫婦の相性を良くするための方法を3つご紹介しました。
これならできそう、このくらいならできそう、という方法を見つけて、是非実践してみてくださいね。

こちらの記事も読まれています


50代の友達作り、どうしてる?おすすめの方法や場所をご紹介!

更年期障害の緩和に効果的なお茶って何?おすすめのお茶と飲み方をご紹介!

最新記事はツイッターでお知らせ!

関連記事

前の記事へ

丑年生まれってどんな人?丑年の性格や芸能人を知りたい!

次の記事へ

厚いのにきちんと見える!?ストッキング風タイツは50代以降こそ買い!

その他のおすすめ記事

AD

美と健康のおすすめ記事

終活・介護のおすすめ記事

AD

ファッションのおすすめ記事

ライフスタイルおすすめの記事

すべてのカテゴリを見る

おすすめ特集 終活 仕事・キャリア 旅行・ツアー フィットネス・運動 女性ホルモン ライフスタイル・暮らし インテリア 料理 リノベーション・住み替え・リフォーム 夫婦で旅行 介護 健康 ファッション お悩み解決 夫婦関係 美容 メイク ヘアスタイル 占い プロモーション